家の修繕 質問は、経験豊富な庭師によって回答されています

LED照明に切り替える理由

LED照明に切り替える理由: LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

LED照明の利点

  • 低温ライト
  • カラーオプション
  • 低コスト
  • 非常に長い寿命(25,000時間)
  • エネルギー効率

LED照明は、伝統的に約7000度ケルビンの自然でクールな青白の色温度でした。これは、5000度Kの日光と比較されます。

最近の進歩により、家庭用照明の色温度をより暖かい色に変更することが大きく進歩しました。このため、標準の白熱電球、デザイナー電球、埋め込み式ハロゲン照明、投光照明、さらにはキャンドル電球を置き換えることができる新しいスタイルの電球が利用可能です。

最後の利点は生産コストです。それらは非常に高価でしたが、最近では大量生産されており、コスト削減は途方もないです。さらに、一部の地域コミュニティおよび公益事業会社はエネルギークレジットを保有しており、LED照明への転換に対するインセンティブを提供しています。

コストが低く、光の量が多く、それを実行するコストが低く、寿命が非常に長い新しい照明システムに変換することは完全に理にかなっています。

LED照明に切り替える理由: LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

LED照明に切り替える理由: LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

LED交換のいくつかのアイデア

私はニューヨーク郊外の民家に住んでいます。エジソンを電力会社として統合しました。これは、国内で最も高い公共料金の1つです。私の毎月の電気代はかなり高いです。さまざまなワット数(100、60、40 W)のLED電球を使用して、そのコストを削減します。

  • ダイニングルームのシャンデリアの電球。
  • キッチン天井の蛍光照明。
  • 屋外のフラッドライト。
  • 冷蔵庫の電球(25 W)。
  • バスルームとベッドルームのデザイナーのくぼみ照明。

さまざまな電球を比較する

LED照明に切り替える理由: LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

LED照明に切り替える理由: LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

LED照明に切り替える理由: LEDは発光ダイオードの略です。発熱が少なく、電力要件が低いため、電子機器で最初からインジケータライトとして使用されていました。また、長持ちします。最近の進歩により、主流になりました。現在、自動車、家庭、オフィスで使用されています。

環境への影響

あなたが私たちの環境を心配しているなら、LED電球は助けるための一つの確実な方法です。気候変動を信じているか、私のように懐疑的であるかに関わらず、家庭やオフィスでLED照明に変えることで、エネルギーとお金を節約できます。それはすべての人にとって好都合です。

個人的なメモ

私のペットのおしっこの一つは、これらのデザイナーの電球です。費用がかかり、頻繁に燃え尽きます。それらは、簡単に行けない奇妙な場所にあります。これらをLEDライトに置き換えることで、もう二度と取り組まなくてもいいことになります。

ボトムライン

以下のリンクの計算機を使用して、LED照明に変換した場合の節約量を計算できます。 ROIまたは投資収益率は約5年です。つまり、すべての照明をLEDに変換する費用を費やすと、損益分岐点に達するまでに平均5年かかります。その後、ずっと節約になります。なんてすごい!

概要

私は、照明のすべてのニーズをLEDに変換するというアイデアを推進しています。事前の投資が必要です。ただし、長期的なメリットはコストを上回ります。また、エネルギー消費を削減することで環境を支援しています。

ちなみに、私は家の照明の80%近くを変換しました。今後数年間にわたって光熱費を追跡し、結果を確認する予定です。

関連情報

  • LED節約とROI計算-LivingLED
    導かれた節約の計算機、導かれたroiの計算機、蛍光LEDの取り替え、LED、L.E.D.、LEDの照明、導かれたtrofferの照明、4フィートLEDの管

この記事は正確であり、著者の知る限りでは真実です。コンテンツは情報提供または娯楽のみを目的としており、ビジネス、財務、法律、または技術的な問題における個人的な助言や専門的なアドバイスに代わるものではありません。


コメントを残します