家の修繕 質問は、経験豊富な庭師によって回答されています

どのタイプの釘銃または釘打機が仕事に必要ですか?

どのタイプの釘銃または釘打機が仕事に必要ですか?: これらのすべてのモデルは、切り替え可能な接点またはシーケンシャルトリップ、および工具不要の深さドライブ調整を提供します。

ソース

ああ…古き良き爪ハンマー。このような素晴らしく遍在する構築ツール。特に、壁に写真を貼ったり、何かを簡単に修理したり、欲求不満を解消したりする場合。

しかし、真剣に、仕事がより複雑であり、頭痛がするまであなたがハンマーで打ち続けるなら、あなたは本当に釘銃または釘打機を得たいと思うでしょう。ネイルガンは時間を大幅に節約するだけでなく、頭痛も軽減します。ネイルを入れるよりも複数回タップする代わりに、ネイルガンから1つだけ必要です—パウ!—そしてそれは入っています。

ネイルガンには2種類の発射メカニズムがあります。

  • 一つは デュアルコンタクトファイアリング、トリガーを押したまま、作業に対して鼻を押すと、釘が発射されます。これにより、毎回トリガーを放して再度押す必要なく、釘を発射し、次のスポットに移動して一連の釘を続行できます。
  • もう一つは 順次発射、これは少し安全です。これには、各爪が発射される前に、まずトリガーを離す必要があります。トリガーが機能する前に、鼻を作品に押し付ける必要があります。ネイルガンの安全性の改善が進行中です。

以下に、選択できるさまざまなタイプのネイルガンのリストと、それぞれの用途の説明があります。

フレーミング釘打機

最も重い義務の釘打機から始めましょう。フレーミング釘打機。

  • 名前が示すように、このタイプの釘打機は、建物の木材フレーミングと重建設に使用されます。
  • このタイプでは、2x4を結合するために最大3.5インチの釘が必要になることがよくあります。
  • ヘビーデューティはその日の順序です。
  • これらのすべてのモデルは、切り替え可能な接点またはシーケンシャルトリップ、および工具不要の深さドライブ調整を提供します。

ポーターケーブルFR350Aおよび日立NR90AEPRフレーミングネイラー。

ポーターケーブルFR350Aおよび日立NR90AEPRフレーミングネイラー。

屋根釘打ち機

  • これは通常、頭が大きく、短い爪を使用し、羽目板などの素材にも使用できます。
  • 通常、爪はコイル状になっています。
  • これらのモデルは、切り替え可能な接点または順次トリップ、および工具不要の深さドライブ調整も提供します。

Bostitch RN46&Milwaukee 7120-21 Roofing nailers

Bostitch RN46&Milwaukee 7120-21 Roofing nailers

フローリングネイラー

  • これらは、舌と溝の床板を簡単かつ迅速に敷設できるように特別に設計されています。
  • 膝を磨く必要はありません。釘をボードの端に当てて、ナイロンマレットでプランジャーを軽くたたくだけで、いつでも釘が正しい角度と深さで入ります。

Ramsond RMM4&Bostitch MIIIFNフローリングネイラー

Ramsond RMM4&Bostitch MIIIFNフローリングネイラー

仕上げ釘打機

  • 仕上げ釘打機は、屋内のトリムや同様の作業に最適な万能釘打機です。
  • これは、短くて軽いゲージの釘、通常は14〜16ゲージ、1〜2.5インチの釘を使用します。
  • これは、窓やドア、ベースボード、椅子のレールなどの周りの成形、およびキャビネットの作成に使用されます。
  • 仕上げ釘打機は、空気圧縮機とコードレス釘打機の両方として利用できます。
  • これらのすべてのモデルは、切り替え可能な接点またはシーケンシャルトリップ、および工具不要の深さドライブ調整を提供します。

Hitachi NT65MA2&DeWALT DC628K XRP仕上げ釘打ち機

Hitachi NT65MA2&DeWALT DC628K XRP仕上げ釘打ち機

ブラッド・ネイラー

  • より軽量の釘打機は、18ゲージの釘用のブラッド釘打機、5/8インチから2インチです。
  • ブラッドネイラーは、ネイルマガジンが仕上げおよびフレーミング釘打機のように傾斜していないという事実によって、仕上げ釘打機とほとんど異なります。
  • ブラッドネイラーは通常、小規模な木材プロジェクト、室内装飾品、およびその他の精密作業に使用されます。
  • ブラッドは小さく、埋めるためにかなり小さな穴を残していますが、しっかりと保持します。
  • 最近のほとんどの釘打機と同様に、これらのすべてのモデルは、切り替え可能な接触または連続トリップ、および工具不要の深さドライブ調整を提供します。

DEWALT DC608K&Porter-Cable BN200B Brad nailers

DEWALT DC608K&Porter-Cable BN200B Brad nailers

コードレス釘打機について

  • コードレス釘打機は現在、空気圧モデルよりも高価ですが、もちろん、コンプレッサーやホースを処理する必要はありません。
  • コードレス釘打機の中には、釘の推進に燃料電池を使用するものがありますが、500本の釘ごとに交換する必要があるため、 それ アカウントにコスト。
  • バッテリー充電モデルにはこのような要件はありません。
  • コードレスでどこでも使える リアル コードレスドリルが電源コードの必要性を解放したように、ここで機能を販売しています。

安全性について一言

どんなツールでも、間違った手で危険にさらされる可能性があります。これは特に電動工具の場合に当てはまります。ネイルガンは、プレッシャーチップを最初にワークに押し付けない限り発射しないように設計されていますが、トリガーを押している場合でも、誤って何かにタップすることができます(下記のデュアルコンタクトファイアリングを参照)。

常に注意してください...お願いします。

それはほとんどそれを釘付けします…

釘銃(または釘打機)は約25年間使用されてきましたが、多くの改良が行われました。マグネシウムやアルミニウム合金などの新しい材料は、ツールを軽量化しました。さらに、人間工学に基づいた設計により多くの注意が払われ、ツールのバランスが適切に保たれ、握りやすくなりました。発砲方法の調整に特別なツールは必要ありません。釘の深さを調整するために、空気圧縮機を調整する必要はなくなりました。

コンプレッサーを必要としないコードレスモデル、したがってホースが広く利用可能になりました。あなたがプロの請負業者であろうと、DIYの住宅所有者であろうと、ハンマーと釘でかかっていた時間の半分以下で仕事を終わらせることがわかるでしょう。

これらの釘打機の多くは、すぐに自分で支払うことができました。

この記事は正確であり、著者の知る限りでは真実です。コンテンツは情報提供または娯楽のみを目的としており、ビジネス、財務、法律、または技術的な問題における個人的な助言や専門的なアドバイスに代わるものではありません。


コメントを残します