家の修繕 質問は、経験豊富な庭師によって回答されています

パイプが汗をかくとき:パイプの発汗の原因と治療法

PEXチューブと真ちゅう製のボールバルブは、建物の所有者が仕上げたい地下室でかなり汗をかいていましたが、この問題が修正されるまでできませんでした。

PEXチューブと真ちゅう製のボールバルブは、建物の所有者が仕上げたい地下室でかなり汗をかいていましたが、この問題が修正されるまでできませんでした。

暑い夏の間、地下室やクロールスペースで汗をかいているパイプを見つけることは珍しくありません。この問題は一般的ではありますが、かなり正常であると考えられるため、通常は対処されません。ただし、実際に発生する問題は、長年にわたり、水分が配管、接続、およびバルブの完全性を破壊することです。さらに、スペースが完成した場合、カビの成長を促進するのに十分な水分があり、建物の空気質に大きく影響する可能性があります。過剰な水分を防ぐための簡単な修正がいくつかありますが、水分の原因にも依存します。

配管パイプの水分の原因

汗をかくパイプは夏によく起こります。この場合、PEXチューブは主にプラスチック材料で作られていますが、パイプが接続するマニホールドまたはメイン供給ラインは銅で作られています。パイプから出てくる冷たい水は、パイプに冷たいエネルギーを水からパイプの壁に伝えます。温かい空気の温度と空気中の過剰な湿度は、対流と凝縮のプロセスを通じてパイプの冷たい壁と接触し、床に水たまりを残すのに十分な量になる場合があり、この場合は水跡(下の写真を参照してください)。

冬の間、パイプは同じ理由で汗をかくことがありますが、通常は冷水パイプではなく温水パイプです。これはあまり一般的ではありませんが、実際に発生し、パイプが建物の周囲に近いクロールスペースで一般的です。これは、断熱が不十分で空気が密封された地下室またはクロールスペースの良い兆候ですが、給湯器の温度が通常よりも高く、空気とパイプの温度差が大きくなることを示している可能性もあります。

発汗配管パイプからの水の道。

発汗配管パイプからの水の道。

発汗パイプの硬化

発汗パイプの硬化は、対流プロセスがパイプの表面で発生するのを防ぐだけなので、非常に簡単です。これは、パイプ断熱材を取り付けることで実現できます。市場で入手可能なパイプ断熱材にはいくつかの種類があります。

ポリウレタンフォームパイプ断熱材

このタイプの断熱材は通常黒色で、長さは4〜6フィートです。パイプラップの中心にはスリットが付いており、パイプに簡単に取り付けることができ、さまざまな長さに合わせて簡単に切断できます。この断熱材はおおよそR-4に相当し、通常、パイプの発汗を防ぐのに十分です。

グラスファイバーパイプラップ

グラスファイバーパイプラップは、裏側にポリエチレン蒸気バリアが取り付けられたフラットロールの紡績グラスファイバーウールです。ラップは、断熱するパイプの上に置かれ、断熱材がパイプをカプセル化するようにラップおよびタップされます。パイプに沿って断熱を継続するためにプラスチック製エルボを購入して、完全なパイプ断熱システムを作成することもできます。この断熱システムのもう1つの種類は、より強固なポリウレタンベースの外部蒸気バリアを備えたファイバーグラスのカプセル化であり、パイプ断熱材の剛性を高め、ジョイント接続をきれいにします。 R値の範囲は、パイプラップのサイズとスタイルに応じて、R-4からR-12です。

ポリウレタンスプレーフォームパイプラップ

これは厳密に商用タイプのシステムですが、住宅での使用にも使用できます。透明な素材であるパイプの上にプラスチック製のシェルが取り付けられています。ポリウレタンフォームはシェルに注がれるかスプレーされ、パイプを完全にカプセル化します。このシステムは非常に効果的であり、最もコストがかかります。これらのシステムの一般的なR値はR-7からR-14ですが、商業用のより高いR値アプリケーションにカスタマイズできます。

パイプの発汗は、世界中の建物の典型的な問題です。これを見てパニックに陥らないでください。通常、問題を解決するには数百ドルで十分です。パイプに汗が出ているのか、漏れているのかわからない場合は、布でパイプを乾かし、問題の領域を監視します。パイプジョイントの端に水滴が形成されている場合、漏れが発生している可能性があります。それ以外の場合は、パイプを発汗するだけで、

パイプが汗をかくとき:パイプの発汗の原因と治療法:

パイプ断熱材は問題を修正します。

この記事は正確であり、著者の知る限りでは真実です。コンテンツは情報提供または娯楽のみを目的としており、ビジネス、財務、法律、または技術的な問題における個人的な助言や専門的なアドバイスに代わるものではありません。


コメントを残します