家の修繕 質問は、経験豊富な庭師によって回答されています

Rockwell Sonicrafter振動ツールレビュー

ここでレビューしたキットは、ロックウェルの72個のSonicrafterです。

ここでレビューしたキットは、ロックウェルの72個のSonicrafterです。

ロックウェルのSonicrafter振動ツールを選んだ理由

以前に棚に振動ツールを見たことがありましたが、それらの使用はあまり見られず、新しい建物の大工が手の届かないところの縁を切り落とすのを見るまであまり興味がありませんでした誤って付けられたクラウンモールディング。別の方法は、すべてを削除して正しく交換することでした。非常に時間と費用のかかる作業で、下から½インチをトリミングするだけで解決しました。

それから、息子はそれを手に入れ、すぐにいくつかの用途を見つけました。私は夢中になり、利用可能で合理的なものを探し始めました。私が最初に見つけたものの1つは、アタッチメントはどのような用途にも必要であり、それらのアクセサリーは非常に高価になる可能性があることです。すでに多くの付属品が含まれているキットを見つける方が良いので、私の最終的な選択はSonicrafterでした。この購入の結果と、実際にツールを使用したときの個人的な観察結果をここに示します。

新しい堅木張りの床のドアモールディングの切断。

新しい堅木張りの床のドアモールディングの切断。

古いコーキングの除去

次の機会は、数日後、家の外装に新しい塗料が必要になったときです。古いコーキングは、砕けてほとんど価値がないため、取り外して交換する必要がありました。 Sonicrafterのスクレーパー機能を試してみる絶好の機会でした。私はこの仕事を以前にやったことがあり、コーキングのいくつかは常に非常に簡単に外れますが、除去するのは非常に困難です。

結果は素晴らしかったです!振動ツールは、平らな場所ですべてのコーキングを取り除き、木材を掘らないという良い仕事をしました。確かに、これを達成するには多少の注意が必要でしたが、ドライバーやハンドスクレーパーを使用するよりもはるかに少ないです。全体的に、手作業で行うよりもずっと速く、簡単で、良い仕事をしました。

外側のドア枠から古いコーキングを取り外します。

外側のドア枠から古いコーキングを取り外します。

サンディングタスク

このツールは、サンディング/研削プロジェクトに何度も使用されています。私の子供たちから贈り物として与えられた古い道具箱は、掃除し、研磨し、再仕上げする必要がありました。 1つの作業台の表面には腐食性物質がこぼれて残っており、レンガの交換のために一部のグラウトをきれいにする必要がありました。

ツールボックスのサンディング作業は、鋭く尖ったサンディングアクセサリーを使って行われ、問題なくコーナーとエッジにぴったり入りました。通常は数時間かかっていたはずだったことが30分で完了し、非常にうまくいった。

ワークベンチは、より大きな三角形のサンディングパッドでサンディングされました。これにより、金属表面をさびずに素早くサンディングすることができました。これはどんな種類のサンダーでも可能ですが、Sonicrafterは便利で(とにかく試してみたいと思いました)、良い効果が得られました。

グラウトは可能な限りハンマーで削り取られました。つまり、残された塊を意味し、レンガはグラウト用に設計された超硬ブレードできれいに平らになりました。繰り返しますが、作業は1つのブリックに対してわずか1〜2分で迅速に行われ、よりグラウトや新しいブリックに対応できる素敵な表面が作成されました。

振動ツールを機能させる

サムネイルをクリックしてフルサイズを表示

木箱の隅にサンディング。

金属製作業台の錆びた表面の研磨。

カーバイドグラインダーでグラウトを除去します。

木箱の隅にサンディング。

木箱の隅にサンディング。

金属製作業台の錆びた表面の研磨。

金属製作業台の錆びた表面の研磨。

カーバイドグラインダーでグラウトを除去します。

カーバイドグラインダーでグラウトを除去します。

Rockwell Sonicrafterの全体的な印象とレビュー

このツールをいくつかのプロジェクトに使用した後、全体的に非常に満足しています。それが最初に到着したとき、私はとても素敵なキャンバスバッグとアクセサリーを入れる小さなプラスチックの箱で感銘を受けました。バッグは、付属品のいくつかを取り付けた状態でツールを保持するには小さすぎることが判明しました(ただし、ぴったりと収まりますが、鋭い鋸刃や角が非常にタイトだったためバッグに穴を開ける可能性があります)。ストレージ、しかしそれは世界の終わりではありません。とにかく次回は同じ添付ファイルを使用しないでしょう。

最初はツールが重すぎて使いにくいと思っていましたが、そうではないことが判明しました。重さは、ツールを強く押し下げることなく研磨するのに十分であり、妥当な期間使用するのに重すぎません。

円運動ではなく振動する方法で動作するツールの場合、操作は非常にスムーズです。可変速度機能は便利なだけでなく、軟木から金属までさまざまな素材で使用する場合に必要です。このコントロールはツールの背面にあり、簡単にぶつけたり変更したりすることはできません。良いこと。

上記のように添付ファイルが必要であり、このキットには72個が付属しています。確かに、それはほとんどサンドペーパーですが、実際のアクセサリーもまともな数です。他のものも利用可能であり、いくつかの他のメーカーからの添付ファイルが適合します-これらのツールではかなり珍しい。

ツールは合理的に人間工学的に設計されており、手によくフィットします。安全ガードはありませんが、このようなガードは小さなアタッチメントでは実用的ではなく、手は十分に離れているため、Sonicrafterを使用する場合、安全はそれ自体の主要な関心事ではありません。アタッチメントはアレンレンチを使用して取り付けられますが、コードにはそのレンチ用のホルダーがあり、邪魔にならない場所で紛失することはありません。

結論として、Rockwell Sonicrafterの振動ツールをお望みの方に強くお勧めします。価格はほとんどの場合よりも優れており、多数の添付ファイルとともに購入でき、適切に設計されており、操作ツールです。それはあなたの人生の便利屋(または便利屋)にとって素晴らしい贈り物になるでしょう。またはあなた自身のためにでも!

この記事は正確であり、著者の知る限りでは真実です。コンテンツは情報提供または娯楽のみを目的としており、ビジネス、財務、法律、または技術的な問題における個人的な助言や専門的なアドバイスに代わるものではありません。


コメントを残します