クリーニング 質問は、経験豊富な庭師によって回答されています

Ecovacs Deebot M88ロボット掃除機のレビュー

 Ecovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88

昨年、私は7つの異なるロボット掃除機をレビューしました。これらの記事は詳細なものでしたが、真空の寿命全体にわたる摩耗の影響を測定することはできませんでした。

このレビューは例外です。 8か月前にDeebot M88を購入しました。競合する掃除機を評価していた期間を除き、毎日使用していました。

説明

Ecovacs Deebot M88は、中価格帯のロボット掃除機です。重量は3.2キログラム(7.05ポンド)で、周囲は34センチメートル(13.4インチ)です。このユニットの高さは7.75センチ(3.05インチ)です。

M88は、カーペットとむき出しの床の両方を対象としています。掃除、持ち上げ、掃除機をかける3ステージクリーニングシステムが装備されています。ウェット/ドライモップを取り付けることもできます。

交換可能な吸引テクノロジーは、ディープクリーニング用のブラシと、ペットの毛に最適化されたもつれのない抽出器を備えています。この掃除機には、一対のサイドブラシも取り付けられています。

Wi-Fi互換性により、オペレーターはEcovacsスマートフォンアプリを利用してDeebot M88をスケジュール、制御、および監視できます。このロボットは、一部のAlexaデバイスと互換性があり、リモートコントロールが付属しています。

サムネイルをクリックしてフルサイズを表示

 Ecovacs Deebot M88

 ごみ箱を外したEcovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88のゴミ箱

 Ecovacs Deebot M88ゴミ箱

 フィルターを取り外したEcovacs Deebot M88ゴミ箱

 Ecovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88

 ごみ箱を外したEcovacs Deebot M88

ごみ箱を外したEcovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88のゴミ箱

Ecovacs Deebot M88のゴミ箱

 Ecovacs Deebot M88ゴミ箱

Ecovacs Deebot M88ゴミ箱

 フィルターを取り外したEcovacs Deebot M88ゴミ箱

フィルターを取り外したEcovacs Deebot M88ゴミ箱

仕様書

  • ブランド:Ecovacs
  • モデル:Deebot DM88
  • 原産国:中国
  • 重量:3.2キログラム(7.05ポンド)
  • 幅:34センチ(13.4インチ)。
  • 高さ:7.75センチ(3.05インチ)
  • バッテリー:3000mAhリチウム充電式
  • 実行時間:90分
  • 充電時間:4時間
  • 騒音レベル:56dbまたは60db
  • 充電方法:自動的にドッキングして充電する
  • 吸引方法:オペレーターはメインブラシまたはストレート吸引を選択できます
  • ゴミ箱容量:380ミリリットル
  • サイドブラシ:2
  • 推奨ホームサイズ:小から中
  • クリーニングモード:自動、エリア、カスタム、エッジ、最大、およびシングルルーム
  • ウェットモップ:はい
  • バリアクロスの高さ:18ミリメートル(0.71インチ)
  • フィルタータイプ:スクリーンメッシュ、洗えるフォーム、HEPA
  • カーペットの床の種類:低パイル
  • 硬質表面タイプ:広葉樹、タイル、ラミネート、リノリウム
  • スケジューリング:はい
  • IRリモートコントロール:はい
  • Wi-Fiスマートフォンアプリケーション:はい
  • Amazon Alexaサポート:はい
  • 付属品:メインブラシ、吸込口、充電ドック、クリーニングツール、水容器、2枚のモップ布、リモートコントロール、追加のサイドブラシ、計量カップ、ユーザーガイド、および追加のフィルター

メーカー

EcovacsおよびDeebotは、Ecovacs Robotics Co.、Ltdの商標です。

この会社は1998年に銭東旗によって設立され、中国の蘇州に本社を置いています。

Ecovacs Robotics Co.、Ltd.は、ロボット機器の研究、開発、設計、製造、販売を行っています。その製品には、床掃除ロボットDEEBOTが含まれます。 WINBOT、窓掃除ロボット。 ATMOBOT、移動式空気清浄機ロボット。そして、BENEBOT、買い物支援ロボット。

サムネイルをクリックしてフルサイズを表示

 Ecovacs Deebot M88

 Ecovacs Deebot M88

 Ecovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88

 Ecovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88

操作性とロボット校正

完璧な世界では、私のロボット掃除機は毎日自動的にドックを離れ、家を効果的に掃除し、ドックに戻って充電します。悲しいことに、私の家はロボットアシスタントを操作する理想的な環境ではありません。私のバキュームが5日間のうち4日間この操作を実行でき、以下の手順に従うことでDeebot M88でこの結果を達成できたことに満足しています。

適切なロボットプルーフにより、信頼できるサービスを提供する真空の能力が劇的に向上します。すべてのケーブルとワイヤは、クリップでベースボードに固定する必要があります。これにより、バキュームのホイールとブラシが絡まるのを防ぎます。

清掃エリアのレイアウトは慎重に検討する必要があります。床が乱雑になっていると、ロボットの進行が妨げられ、領域が非常に狭い場合、真空が閉じ込められる可能性があります。

ロボット掃除機が床とソファまたはキャビネットの間に挟まれることもあります。ディーボットM88は時々詰まることがありますが、しばしばそれ自体を解放することができます。

部屋が接続する出入り口の底にある木片であるしきい値は、高さに応じてロボット掃除機の障害となる場合があります。 Deebot M88は、0.71インチのしきい値をナビゲートできます。以前の多くの被験者とは異なり、この真空は立ち往生することなく私のオフィスに入ることができます。

私のダイニングルームの床は、両側の部屋よりも1インチ低くなっています。これを補うために、入り口に狭い傾斜路を設置しました。まれに、掃除機がランプの最上部にとどまり、購入を見つけて続行できないことがあります。

私のテスト手順では3つのラグを使用しました。真空は、厚くて重いペルシャ絨毯とよく合いました。

メインブラシを取り付けた状態で、掃除機で掃除機をかけると、軽いペルシャ絨毯の角が折り畳まれました。次に、ロボットが次に同じエリアを通過したときに、ロボットがスタックします。ブラシを抽出器と交換した場合、通常、真空はこの困難を回避しました。

私のトルコの敷物は床に固定されているため、ディーボットM88は非常に簡単に移動できます。残念なことに、このマットには、ロボットが無視できないほど魅力的なタッセルが備わっています。これらのタッセルは常に真空に引き込まれ、ブラシに巻き付けられます。繰り返しますが、ブラシを抽出器に置き換えたとき、この問題は解消されました。

メインブラシを安価な補充キットのブラシと交換してみました。 4列の柔らかい毛の代わりに、新しいブラシは毛をゴム製のフラップと交互にしました。交換品を使用するとき、私のロボット掃除機は通常、ラグのタッセルとの絡み合いを避けました。

ドック(充電ステーション)をクリーニングエリアの中央に配置しました。真空をドッキングすると、両側に6インチの遮るもののないスペースができます。 Deebot M88は、充電ステーションを探して45分間も歩き回ることがありますが、ほとんどの場合、正常にドッキングします。

サムネイルをクリックしてフルサイズを表示

 メインブラシを装備したEcovacs Deebot M88

 もつれのない抽出器を装備したEcovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88キャスターのクローズアップ

Ecovacs Deebot M88ホイールのクローズアップ

Ecovacs Deebot M88に取り付けられたバッテリー

 メインブラシを装備したEcovacs Deebot M88

メインブラシを装備したEcovacs Deebot M88

 もつれのない抽出器を装備したEcovacs Deebot M88

もつれのない抽出器を装備したEcovacs Deebot M88

Ecovacs Deebot M88キャスターのクローズアップ

Ecovacs Deebot M88キャスターのクローズアップ

Ecovacs Deebot M88ホイールのクローズアップ

Ecovacs Deebot M88ホイールのクローズアップ

Ecovacs Deebot M88に取り付けられたバッテリー

Ecovacs Deebot M88に取り付けられたバッテリー

クリーニング

Deebot M88は、低パイルのカーペットや硬い床で使用できます。ブラシがプリインストールされていますが、このユニットはもつれのないエクストラクタに交換できます。掃除機はきれいに掃除し、たくさんの猫の毛、子猫のくず、ポップコーンのこぼれた核を拾います。

Ecovacsは、掃除機とモップを同時に使用できるウェットモップシステムを開発しました。これは私がテストした他の掃除機と比較してうまく機能しますが、ロボット掃除機をモップにかけることができる技術は、まだ実用的なレベルまで開発されていません。

スマートフォンアプリ

Wi-Fi互換性により、オペレーターはEcovacsスマートフォンアプリケーションを利用してDeebot M88をスケジュール、制御、および監視できます。このソフトウェアはAmazon Alexaと互換性があります。

スマートフォンを所有していないため、この機能をテストできませんでした。アプリケーションを使用することによってのみ、このロボットを通常の出力から高出力に切り替えることができるため、これは残念です。

センサー

ディーボットには、落下防止および衝突防止センサーが装備されています。これらはうまく機能します。

サムネイルをクリックしてフルサイズを表示

Ecovacs Deebot M88のドッキングアセンブリ

 Ecovacs Deebot M88ブラシメンテナンスツール

(上部)アフターマーケットブラシとEcovacs Deebot M88のオリジナルブラシの比較

Ecovacs Deebot M88のモッピングアセンブリ

 Ecovacs Deebot M88リモート

Ecovacs Deebot M88のドッキングアセンブリ

Ecovacs Deebot M88のドッキングアセンブリ

 Ecovacs Deebot M88ブラシメンテナンスツール

Ecovacs Deebot M88ブラシメンテナンスツール

(上部)アフターマーケットブラシとEcovacs Deebot M88のオリジナルブラシの比較

(上部)アフターマーケットブラシとEcovacs Deebot M88のオリジナルブラシの比較

Ecovacs Deebot M88のモッピングアセンブリ

Ecovacs Deebot M88のモッピングアセンブリ

 Ecovacs Deebot M88リモート

Ecovacs Deebot M88リモート

補修

ゴミ箱は毎日空にしてください。週に1回、ゴミ箱を掃除し、HEPAフィルターを流しに押し付けて、蓄積したほこりを振り払い、フォームフィルターを洗います。 HEPAフィルターは6か月ごとに交換する必要があります。 8か月使用した後でも、私の掃除機の元のサイドブラシは、まだうまく機能しています。

安価なアフターマーケットキットがAliexpressで入手可能です。これらには、中程度の品質の4つのサイドブラシ、便利なメインブラシ、および2つの品質のフィルターセットが含まれます。

バッテリーの実行時間が短くなると、ロボットは不規則に動き始めるか、警告音が鳴ります。これは機械的な問題を示しています。

私の問題はキャスターに限られていた。ある場合には、ほこりの蓄積により、キャスターは自由に回転しませんでした。軽くたたいて、慎重に前後に回転させました。最終的に、キャスターを所定の位置に保持しているクラッドは落ちました。数か月後、真空はぎこちなく動き始めました。私は、熱風炉システムに関連する金属板を横切る際に、キャスターのローラーが自由に引っ張られたことを発見しました。私はそれを元の位置に戻し、真空を再開しました。

ロボット掃除機のメインブラシは、シャフトの端に髪の毛がたまるため、時間が経つにつれて適切に回転しなくなります。ブラシを取り外して髪をきれいにするのは簡単です。

真空が充電ステーションに近づき、繰り返しドッキングを試みてから後退する場合、これは電気接続が不良であることを示します。ロボットの下の接点とドックに関連付けられている接点の両方をクリーニングします。

総合印象

掃除エリアが適切にロボットで保護されている場合、ディーボットM88は監督の必要なしに毎日掃除機をかけます。メンテナンスルーチンは単純である傾向があり、フィルターやブラシなどのアフターマーケットの交換品は安価です。

Ecovacs Deebot M88ロボット掃除機のレビュー: Ecovacs

EcovacのDeebot M88を強くお勧めします。

このコンテンツは著者の知る限り正確で真実であり、資格のある専門家からの正式かつ個別のアドバイスに代わるものではありません。


コメントを残します