家の修繕 質問は、経験豊富な庭師によって回答されています

金属、木材、タイル、ガラス、または石材に適したドリルビットの選択

熱心な独学のDIYerでありエンジニアでもあるEugeneは、電動工具、配管、電気、木工の30年の経験を積んでいます。

穴を開ける:仕事に最適なドリルビットを選ぶ

どんな材料でも穴を開けるとき、穴を素早く簡単に開けることができるように、正しいビットが不可欠です。 DIYの初心者の場合、この記事では、金属、石材、プラスチック、木材、ガラス、タイルなどのさまざまな素材に穴を開けるときに、仕事に適したドリルビットを選択する方法について説明します。記事の最後に、ドリル方法を示す11分間のビデオがあります。このガイドが役立つと思う場合は、時間をかけて共有してください。

鋼を掘削するためのHSSドリルビット

鋼を掘削するためのHSSドリルビット

鋼またはその他の金属用のドリルビットはどれですか?

  • HSS
  • チタン被覆またはコバルト鋼
  • メタルホールソー
  • ユニビット(ステップビット)

HSSビット

HSSまたは高速度鋼のビットは、クロムやバナジウムなどの他の元素を加えた炭素鋼で作られています。これにより、高速掘削で使用することができます。 HSSビットは、鉄、鋼、および真鍮、銅、アルミニウム合金などの他の金属の穴あけに使用できます。プラスチックの穴あけにも使用できます。他に何も使用できない場合は、HSSビットで木材を掘削できますが、穴が深いか、直径が大きい場合、ビットが過度に熱くなり、掘削の進行が遅くなります。

HSS drilビット

HSS drilビット

チタンコーティングビット

チタンコーティングビット

チタンコーティングまたはコバルト鋼

チタン化合物のコーティングが施されたHSSビットは、HSSビットよりも耐久性と硬度が高く、硬質材料の穴あけに適しています。ステンレス鋼。しかし実際には、チタンコーティングは最終的に摩耗し、ドリルビットシャープナーまたは手でそれらを研ぐと、コーティングは完全に失われます。チタンビットは、黄銅またはオレンジ色のHSSビットのように見えます。

硬質鋼またはステンレス鋼を掘削するための別のオプションは、コバルト合金ビットです。チタンビットのようにコーティングされているだけでなく、時にはHSS Coとマークされている固体合金から製造されています。コバルトの添加はドリルの耐久性を高め、刃先を失うことなく掘削中の高温に耐えることができます。欠点は、それらがより高価で、より脆弱であり、したがって、最先端で欠ける可能性が高いことです。もちろん、コバルトスチールビットは、「通常の」軟鋼またはその他の金属の穴あけに使用できます。

ステップビット(ユニビット)

ステップビットは、さまざまな直径の複数の刃先を持つ円錐形です。薄い針葉樹、積層板(例:合板)およびパーティクルボード(チップボード)、プラスチック、乾式壁(石膏ボード)および板金の穴あけに適しています。ステップビットは、ジャンクションボックス、パネルなどにさまざまなサイズの穴を開ける必要がある場合の電気工事に最適です。このタイプのビットの利点は、ビットを変更せずにさまざまなサイズの穴を開けることができることです。また、ビットが一般的にポイントになるので、大きな穴を開ける必要がある場合に通常行われるように、下穴は必要ありません。

ユニビットとも呼ばれるステップビット

ユニビットとも呼ばれるステップビット

木材用ドリルビット

  • スペードまたはフラットウッドビット
  • リップアンドスパー(ブラッドポイント)ビット
  • ホールソー
  • 石積みビット
  • ステップビット
  • 他に利用可能なものがない場合、HSS

スペード/フラットウッドビット

スペード/フラットウッドビット

スペードまたはフラットウッドビット

これらは木材の迅速な掘削に適しており、一般的に1/4インチ(6 mm)から約1 1/2インチ(36 mm)のサイズで入手できます。スペードビットの短所は、過度の圧力をかけると、ビットが木材から出てくるときに破片効果を生じる可能性があることです。

リップビットとスパービット

リップビットとスパービット

リップアンドスパー(ブラッドポイント)ビット

これらは木材を掘削するための別のオプションであり、1/8インチ(3 mm)から5/8インチ(16 mm)のサイズで利用できます。また、柔らかいプラスチックの穴あけにも使用でき、HSSビットで穴を開けるときに発生する可能性のある摩擦により、穴の縁が溶ける可能性が低くなります。

クイックリリースクランプは、掘削中に一定の長さの木材を保持するのに便利です。

クイックリリースクランプは、掘削中に一定の長さの木材を保持するのに便利です。

ホールソー

ホールソー

ホールソー

標準的なビットで1 1/2インチを超える非常に大きな穴を開けるのは、木材に穴を開けるために摩擦を克服するために大量の力とトルクを備えたドリルが必要になるため、実用的ではありません。代わりに、ホールソーで大きな穴を開けることができます。これには、ハンドソーのような小さな歯があり、「刃」は円柱の形をしています。一部のホールソーは、木材またはプラスチックの穴あけ専用に設計されていますが、他のバージョンはHSSスチールで作られており、木材に加えて鉄、鋼鉄、その他の金属の穴あけに適しています。

プラスチック用ドリルビット

木材と同じビットを使用できます。ただし、ゆっくりとドリルします。高速で穴を開けると、特にビットが鈍い場合、摩擦によりプラスチックが急速に溶け、ドリルの先端と溝に溶けた削り屑が詰まる可能性があります。削りくずが冷え、フルートに詰まる、またはビットをコーティングすると、問題が悪化し、ビットが詰まる可能性があります。薄いプラスチックに穴を開けるのはそれほど大したことではありませんが、より厚いシート、特にアクリル(ブランド名「プレキシグラス」または「パースペックス」で一般に知られている)に穴を開けるとき、これが問題になることがあります。同じことが、このプラスチックをジグソーパズルで切断する場合にも当てはまります。遅い速度を使用してください。

レンガ、ソリッドコンクリート、ブロック用のドリルビット(石積み)

  • 超硬ビット
  • ダイヤモンドホールソー

炭化タングステン石積みドリルビット

これらのタイプのビットは、石、固体コンクリート、コンクリートブロック、レンガ、および風ブロック(通気コンクリートブロック)に穴を開けるために使用されます。サイズは、1/4インチ(5 mm)未満から1 1/2インチ(約40 mm)まであります。

石積みビットは、従来のチャックで使用するための丸形シャンク付きで入手できます。ただし、より良い選択はSDSタイプビットです。このタイプのビットのシャンクはチャックに滑り込まず、電動ドリルのSDSチャックにすばやく挿入したり引き出したりできます。石工ビットは、インパクト、ハンマー、またはパーカッションドリルとして知られているもので使用されます。このパーカッシブまたはハンマーの作用により、ビットの先端と接触している石積みが粉砕されます。

石積みビットは、木材に粗い穴を開けるために使用できます。ただし、穴は粗くなり、進行が遅くなります。これは、ドリルが木材を介してブルートフォースによってその道を切り開くためです。適切な木材ドリルビットは、ノミのように木材を削ります。ただし、建設作業の場合、これは問題ではありません。

SDSシャンク付き石工ビット

SDSシャンク付き石工ビット

SDSドリルビットのシャンク

SDSドリルビットのシャンク

壁コンセントの固定具(時々呼ばれる

壁プラグ固定具(「ロールプラグ」と呼ばれることもあります)により、戸棚、ブラケットなどをコンクリートの壁に取り付けることができます。最大および最小サイズのネジが示されています。タングステンカーバイドビットは、穴を開けるために使用されます。

ダイヤモンドコアホールソー

ダイヤモンドコアホールソー

ダイヤモンドコアビット

これらは、のこぎりに似ていますが、コンクリートまたは通気セメントブロックに大きな穴を開けるために使用されます。

ガラスとタイル用のドリルビットはどれですか?

  • スピアヘッドビット
  • ダイヤモンドビット

スピアヘッドビット

これらは炭化タングステン製で、ガラスやタイルの穴あけに適しています。ガラスに穴を開けるときは、可能であれば、柔らかい布または新聞紙の上に平らに置いて支えてください。低速から中速で掘削し、掘削中の領域に水を吹き付けてビットを冷却して潤滑するか、その領域の周りに粘土の「ダム」を作り、水で満たします。ガラスやタイルに貼り付けられたテープは、ビットが場所全体を滑るのを防ぐのに役立ちます。

槍先ガラスドリルビット

槍先ガラスドリルビット

ダイヤモンドチップまたはコーティングビット

これらは、タイルやガラスの穴あけに使用されます。ただし、グリットのコーティングがすり減るまでの寿命は限られています。

ダイヤモンドコーティングビット

ダイヤモンドコーティングビット

チャックにはさまざまな種類とサイズがありますか?

コードレスドリルのチャックは、通常10 mm(3/8インチ相当)または13 mm(1/2インチ)です。低電圧ドリル(12ボルトなど)には、10 mmチャックが取り付けられる傾向があります。
コード付きドリルには通常、13 mmのチャックが標準で付属していますが、16 mm(5/8インチ)のチャックも利用できます。直径が13 mmを超えるドリルビットは通常、直径が小さくなっているため、13または16 mmのチャックに挿入できます。 SDSチャックにはさまざまなサイズがありますが、10 mm SDS-Plusタイプは、DIY /低出力のプロフェッショナルSDS電動ドリルで最も一般的なバージョンです。

チャックのサイズとコード付きドリルとコードレスドリルの選択の詳細については、ガイド:電動工具、コード付き&コードレス(ドリル、サンダー、グラインダー、マルチツール、ドレメル&ソー)の完全ガイドを参照してください。

上から時計回り:チャックキー、キー付きチャック、SDSチャック、キーレス(手締め)チャック

上から時計回り:チャックキー、キー付きチャック、SDSチャック、キーレス(手締め)チャック

職人によって設定されたドリルと駆動ビット

この

金属、木材、タイル、ガラス、または石材に適したドリルビットの選択: リップアンドスパー(ブラッドポイント)ビット

Craftsmanが設定した100個のドリルとドライブには、木材、プラスチック、金属、石材に穴を開けるために必要なすべてのドリルビットが含まれています。家庭、工芸品、趣味などの一般的なDIY作業に最適です。また、コードレスドリルで使用するためのドライバービットとナットドライバーの包括的なセットもあります。

ドリルと運転セット。

ドリルと運転セット。

ドリルビットサイズ

ドリルビットは、メートル(mm)およびインペリアル(インチ)サイズで入手できます。広く普及している最小のメトリックサイズは1mmおよび1/16インチインペリアルですが、より小さい直径のビットも利用できます。直径13 mmを超えるビットは、一般にシャンクが小さくなっているため、13 mmのチャックに収まります。

ドリルビットの直径の測定

通常、サイズはビットのシャンクに刻印または刻印されています。残念ながら、製造業者はシャンクの端の近くにマーキングを配置することを主張しているため、丸いプロファイルのシャンクがチャックに滑り込んだ場合、時間が経つにつれて摩耗する可能性があります。そのため、コレクションにサイズの不明なビットがたくさんあることになります。テープや定規を使用してビットの直径を大まかに測定することもできますが、バーニヤまたは電子ノギスはこの仕事に適したツールです。材料の厚さ、穴の内径、および汎用測定にも使用できます。解像度は通常、約0.05 mmまたは2分の1インチです。バーニヤスケールの純粋に機械的なノギスを購入できます。または、電子キャリパーが結果をLCDスケールに表示し、直接読み取ることができます。電子ノギスの利点は、ディスプレイを直接読み取り、帝国(インチ)とメートル法を切り替えて、ドリフトや摩耗に対処するために顎をゼロにできることです。

ノギス上部と電子ノギス下部

ノギス上部と電子ノギス下部

金属、木材、タイル、ガラス、または石材に適したドリルビットの選択: スピアヘッドビット

このNeiko電子キャリパーは、Amazonのベストバイとして推奨されています。 0.001インチ(1000分の1)または0.01 mmの通常の解像度よりも高く、3つの測定モード(mm、インチ、1インチ未満)があります。 LCDディスプレイは非常に大きく、本体はステンレス製です(安価なキャリパーはプラスチック製です)。現在、プライム無料で22.43ドルで販売されています。

金属、木材、タイル、ガラス、または石材に適したドリルビットの選択: スピアヘッドビット

パワードリルを保持する方法

トリガーハンドルを「3時」位置に水平に、サイドハンドルを「12時」垂直位置に置いてドリルを保持します。ドリルビットが刺さると、パワードリルが反時計回りに激しく回転し、サイドハンドルが手のひらに押し込まれ、トリガーを放す前に保持することができます。両方のハンドルを「6時」の位置、つまり垂直に下に向けて保持すると、ドリルのサイドハンドルが手から引き出される場合があります。これは、安全スリップチャックのない高出力ドリルである場合、ほぼ確実に発生します。いずれにせよ、ドリルをしっかり握って腕を締め、予期せぬ事態に備えてください。

電動ドリルを正しく保持する

電動ドリルを正しく保持する

穴あけのヒント

  • できるだけ低速で使用してください。一般に、ドリルビットの直径が大きいほど、速度は低くなり、逆も同様です。
  • 穴を開けるときは、材料を除去するために頻繁に穴から戻ってください。これにより、パワードリルの過負荷とビットの過熱が防止されます。これは、フルート(側面のらせん状スロット)のない平らな木製ビットには不可欠です。
  • 鋼に穴を開ける場合は、ビットとワークピースを軽油で潤滑します。ピラードリルを使用している場合は、オイル缶またはなんらかの「スクイート」ボトルを使用して、オイルを穴に広げることができます。または、電動ドリルを使用する場合は、ボトルに軽いオイルを一杯入れ、近くにドリルビットの先端を頻繁に入れて冷却します。灯油または石鹸水は、より粘着性のある切りくず(ドリル穴から螺旋状に出る廃棄物)を持つアルミニウムや真鍮などの柔らかい金属の潤滑に適しています。ダイヤモンドドリルビットは水で潤滑できます。木や石積みのビットは、潤滑する必要はありません。
  • 穴あけ中に小さなワークを持たないでください。それらが万力に保持されているか、クイックリリースまたはGクランプでしっかりと固定されていることを確認してください。さもなければ、穴あけ中にビットが詰まると、ワークピースが制御不能に回転する可能性があります。重いオブジェクトや固定オブジェクトをドリルする場合、これは不要です。
  • プラスチック、特にアクリル(パースペックス)に穴を開けるとき、プラスチックを溶かしてビットをコーティング/詰まらせ、さらに摩擦を増やす傾向がある摩擦と熱を減らすために、鋭いビットが不可欠です。できるだけ低速で使用してください。リップとスパー(ブラッドポイント)の木材ビットは、プラスチックの穴あけに最適です。

ドリルビットの破損を避ける方法

細い直径のHSS、コバルト、またはチタンのドリルビットは、プロでも簡単に破損するため、使用する際には少し注意が必要です。

いくつかのヒント:

  • 小さなビットは、ワークに引っ掛かったり引っかかったりすると破損することがよくあります。コードレスドリルがある場合は、電源コード付きドリルの代わりにこれを使用してください。ビットが引っ掛かると、チャックが滑り、ビットが折れる危険性が少なくなります。ドリル中にチャックが滑る傾向がある場合は、トルク設定を低く設定し、設定を増やします。
  • 切りくずがワークピースから螺旋状に動き始めるのに十分な軽い圧力を加えます。
  • ドリルをしっかりと保持するようにしてください。穴を開けるときに垂直に保つのではなく、片側に動かすと、ビットが曲がって過度のストレスがかかり、破損する可能性があります。
  • 最後に、金属に穴を開けるときは、反対側に突き抜けるようにしてください。ビットは、穴の底で材料を突き破って捕まえるときに引っ掛かります。理想的には、ワークピースの下に木材のブロックを配置して、金属がブレイクスルーする前に薄くなるにつれて外側に押し出すのを停止します(これは、ドリルプレスを使用している場合に簡単です)。経験を積むと、音の変化を知ることができ、これが起こりそうなビットの抵抗と反応を感じることができるので、プレッシャーを和らげてください。ビットが鋭利であれば、穴を開けるのに大きな圧力は必要ありません。切れ味の悪いビットに強く寄りかかってドリルを速くしようとすると破損することがよくありますが、これは機能せず、過熱して燃え尽きるだけです!

小径ドリルビット

小径ドリルビット

ドリルビットの消磁

時間が経つにつれて、ドリルビットが磁化されて、掘削中に削りくずが収集されることがあります。これは、摩擦を増やし、フルートを詰まらせ、刃先の邪魔になって穴を適切に剃ることができないため、穴あけプロセスを妨げる可能性があります。消磁ツールは、ドリルビット、ドライバー、その他のツールから磁気を除去するための便利なガジェットです。多くの場合、これらの消磁ツールは磁化にも使用できます。これは、たとえばドライバーの先端を磁化する場合に便利です。次に、指が合わない手の届かない場所にネジを打ち込む必要があるときに、先端がネジを保持します。

ドリルビットは磁化され、金属の削りくずを収集する可能性があり、これが掘削プロセスを妨げる可能性があります

ドリルビットは磁化され、金属の削りくずを収集する可能性があり、これが掘削プロセスを妨げる可能性があります

消磁ツールは、ドリルビットから磁気を除去します

消磁ツールは、ドリルビットから磁気を除去します

ドリルビットが機能しませんか?

ドリルビットが鋭くないということは別として、初心者がよく間違えるのは、ドリルを逆に設定して、ビットが間違った方向に回転するようにすることです。チャックからビットの先端に向かって見ると、ビットは時計回りに回転します。

ドリルビットを研ぐ方法

ある程度のスキルがあれば、ベンチグラインダーの細かい砥石のドリルビットを研ぐことを学ぶことができます。ただし、ビットは比較的正確な角度でホイールに保持する必要があり、少し練習が必要です。

別の方法は、

金属、木材、タイル、ガラス、または石材に適したドリルビットの選択: スピアヘッドビット

ドリルドクターによるこのようなシャープツール。これらの機械は、基本的に小さな砥石を駆動するモーターで構成されています。ドリルをシャープにするには、シャープツールの上部にある適切なサイズの穴にドリルを挿入し、数回ひねります。この製品は、最大12 mmまたは1/2インチまでのすべてのサイズに対応しています。

ドリル削り

ドリル削り

SDSドリルで「通常の」ドリルビットを使用できますか?

直接ではありませんが、標準のキー付きまたはキーレスチャックを取り付けることができます。これらには、ドリルのSDSチャックに適合するSDSアダプターが付属しています。これにより、非SDSの従来の丸シャンクドリルビットを使用できます。 (または六角シャンク、平らな木片)。通常、これらのチャックを石積みの穴あけにハンマーアクションで使用することはできません。

SDSドリルで使用するためのキー付きチャックとアダプター。

SDSドリルで使用するためのキー付きチャックとアダプター。

材料とドリルビットタイプの概要

(列ヘッダーをクリックして結果を並べ替えます)

材料

ドリルビットタイプ

ノート

金属

HSS、チタンコーティング、コバルト合金、ステップビット、HSSホールソー

好ましくは、ステンレス鋼または硬質鋼用のコバルト

木材

スペード(フラットビット)、リップアンドスパー、オーガービット、ホールソー、ステップビット、HSSビット

他に利用可能なものがない場合、中小サイズの穴用のHSSが、低速の掘削速度を使用

プラスチック

リップとスパー、ホールソー、HSS、ステップビット

HSSは低速で使用して、穴の端が溶けないようにする必要があります

石積み

石積みビット、ダイヤモンドコアビット

大きな穴を開けるには、SDSビットとSDSチャック付きの電動ドリルを使用するのが理想的です

ガラスとタイル

スピアヘッド、ダイヤモンドコーティングビット

冷却と潤滑に水を使用する

鉄鋼、木材、石材をドリルする方法を示す11分間のビデオ


コメントを残します